2016年10月20日『IFRSワークプランを更新』

国際会計基準審議会(IASB)は2016年10月20日、IFRSワークプランを更新しました。
IAS第16号「有形固定資産」の改正が新たにリストアップされました。
また、年次改善(2015-2017)の公開草案公表が2017年1月と明記されました。
 一方、2016年12月に予定されていた
「開示に関する取組み(開示の原則)」の論点整理公表が
2017年2月に延期されました。
▼詳しくは以下のIASBウェブサイトをご覧ください。
http://c1c.jp/1882/dKm47F/920

IFRS「保険契約」を暫定的改正

国際会計基準審議会(IASB)は12日、IFRS第4号「保険契約」の改正を公表。保険契約については現在全面的な改正作業が行われていますが、その完了は2020年以降になります。一方、IFRS第9号「金融商品」は2018年1月1日以後開始事業年度より適用されます。
そのため、保険を取り扱う会社は2018年のIFRS第9号と2020年以降の保険契約と、わずかの期間で二度も改正対応が必要になり煩雑になります。またこの期間(2018~2020)は損益において余計な変動が生じる懸念が生じています。
そこで、この期間においては経過措置として
a)IFRS第9号を適用する代わりに一定の損益項目を  その他の包括利益に振り替える
b)IFRS第9号を適用しない
のいずれかを選択できるようになりました。
ただし、b)を選択できるのは保険業の占める割合が非常に高い会社に限られ、かつ2021年までの期間限定(仮に保険契約の全面改正がそれまでに完了しなくても2021年で終わり)です。
b)は2018年1月1日以後開始事業年度より、
a)はIFRS第9号を初めて適用した時点より適用されます。
▼詳しくは以下のIASBウェブサイトをご覧ください。
http://www.ifrs.org/Alerts/PressRelease/Pages/IASB-issues-amendments-to-insurance-contracts-standard.aspx

IFRS「株式に基づく報酬」を改正

国際会計基準審議会(IASB)は平成28年6月20日、IFRS第2号「株式に基づく報酬」の改正を公表。IFRS解釈指針委員会における議論をもとに、株式に基づく報酬の会計処理について修正。2018年1月1日以後開始事業年度より適用(早期適用可)。

 ▼詳しくは以下のIASBウェブサイトをご覧ください。
http://www.ifrs.org/Alerts/PressRelease/Pages/International-Accounting-Standards-Board-issues-narrow-scope-amendments-to-IFRS-2-Share-based-Payment.aspx

IFRS「収益」新基準を修正

国際会計基準審議会(IASB)は平成28年4月12日、IFRS第15号「顧客との契約から生じる収益」の改正を公表。

同基準は2014年5月に制定されましたが、適用に際しての課題に対処するために設置された「移行リソースグループ」での議論を経て基準の明確化を図ったもの。

本改正は(IFRS第15号本体と同じく)2018年1月1日以後開始事業年度より適用。

 ▼詳しくは以下のIASBウェブサイトをご覧ください。
The International Accounting Standards Board has issued amendments to the Revenue Standard